Scotland reveals Rugby World Cup kit

Scotland reveals Rugby World Cup kit

Scotland has today revealed its Rugby World Cup 2019 kit which features two unique tartan elements, connecting the team to both its home and the host country for the sport’s largest global showpiece.

The Scotland home kit is the traditional navy blue with the Scottish Rugby tartan featuring on the back and shoulders of the jersey and side-panelling of the navy shorts, paired with white socks.


To highlight Scottish Rugby’s strong ties with Japan and its long-standing relationship with the Japanese City of Nagasaki, which will host the arrival and acclimatisation camp for Scotland’s Rugby World Cup Squad ahead of the tournament, the Nagasaki tartan is displayed under the collar of the jersey.

Scottish Rugby signed a Strategic Alliance with the City of Nagasaki in 2016 and have made regular visits to the city to help support initiatives to promote the sport and the historic relationship with Scotland.

An U16 squad drawn from nine Schools of Rugby across Scotland toured Nagasaki only last year and the ties to the city date back even further after Scottish businessman Thomas Glover helped the industrialisation of the country based out of Nagasaki in the 19th century and became a household name in Japan.

The alternate kit changes from the current silver colouring to sky blue and again features both the Scottish Rugby and Nagasaki tartan. The shorts are also sky blue with tartan detailing and the socks are a combination of sky and navy blue.

Both kits have the Scotland logo embroidered on the left-hand side of the chest, with the Rugby World Cup logo sitting on the right-hand side and the new Macron ‘hero’ logo featuring in the centre. The Saltire returns on the left sleeve.

The kit is produced with the Macron-designed ARMEVO + Bodytex fabrics and brings back the Scottish Rugby tartan which featured on the extremely popular RWC 2015 kit. The Rugby World Cup jerseys are available in the Authentic Body fit jerseys (those worn by the players) and are also available in a replica jersey which is the carbon copy of the authentic jersey in a supporters fit.

Gianluca Pavanello, CEO of Macron said: “Scotland was the first international team we designed for in rugby and we are very proud to have the opportunity to create the shirt which will represent the country at this year’s Rugby World Cup.

“We have a very positive relationship with Scottish Rugby as demonstrated by our recent long-term contract extension and this design has been developed hand in hand with our partners to bring together all the respective elements combined with our leading performance fabrics.”

Scottish Rugby’s Chief Operating Officer, Dominic McKay said: “I’d like to thank Macron for their excellent work on Scotland’s 2019 Rugby World Cup shirt and kit.

“We naturally kept the traditional Scotland designs and also wanted to bring in new elements which reflected our relationship with both Nagasaki and a connection with our home country.

“I think the kit looks great and know our players and our fans will be wearing it with pride over the coming months as we once again take the thistle onto the international stage.”

Both kits can be pre-ordered exclusively at shop.scottishrugby.org from Friday 19 July and goes on retail sale in the Scottish Rugby Store at BT Murrayfield store as of Friday 26 July. These same kits shall be available in all other official Scottish rugby retail stores across the globe from the 27 July.

The Scotland squad will have an open training session on the back pitches at BT Murrayfield on the afternoon of 26 July to coincide with the retail launch.

  • スコットランドはラグビーワールドカップキットを明らかにする

    スコットランドは本日、ラグビーワールドカップ2019年のユニフォームを発表しました。このユニフォームには2つの独特なタータンのデザインがあり、スコットランドのラグビーチームを自国のスコットランドと、大会開催国である日本の両方に関連付け、最大の世界的作品を披露します

    スコットランドは本日、ラグビーワールドカップ2019年のユニフォームを発表しました。このユニフォームには2つの独特なタータンのデザインがあり、スコットランドのラグビーチームを自国のスコットランドと、大会開催国である日本の両方に関連付け、最大の世界的作品を披露します。

    スコットランドラグビチームのユニフォームは、伝統的な紺色で、シャツの背面と肩、半ズボンのサイドパネルにはスコティッシュラグビーのタータンのデザインがあり、白いソックスと合わせています。

    スコットランドラグビー協会と日本との強固な絆、そして大会の前にスコットランドのラグビーワールドカップチームの到着した際の手続きや、時差の調整のためのキャンプを開催する長崎との長年の関係を強調するため、長崎のタータンチェックをシャツの襟の首回りの中に含めました。

    スコットランドラグビー協会は2016年に長崎市と戦略的提携を締結し、ラグビーというスポーツおよびスコットランドと日本との歴史的関係を促進するための主導を支援するために市内を定期的に訪問しました。

    スコットランド全土にあるラグビーをプレイする9校の学校から選ばれた16歳以下の選手達は昨年、長崎をツアーしたことでスコットランドと長崎県との絆を深めましたが、関係はそれよりずっと前から形成されていました。スコットランド人の実業家であるトーマス・グラバー氏が19世紀に長崎を拠点とする日本の工業化を支援した以来、彼の名前は日本で一般的に知られていた名前になり、我らはその頃から長崎と繋がりを持ち始めました。

    代替のユニフォームは現在の銀色から空色に変わり、それもスコットランドのラグビーチームと長崎のタータンの両方が含まれています。 半ズボンもタータンディテールのある空色で、ソックスは空色と紺色の組み合わせです。

    どちらのユニフォームも胸の左側にスコットランドのロゴ、右側にはラグビーワールドカップのロゴ、そして中央には新しいマクロン社の「ヒーロー」のロゴが刺繍されています。スコットランドの国旗は左の袖に残しています。

    このユニフォームは、マクロン社がデザインしたアルメヴォとボディテックスの生地を使用して製造されており、非常に人気のあったラグビーワールドカップ2015のユニフォームに含まれていたスコットランドラグビーのタータンを復活させます。ラグビーワールドカップのシャツはオーセンティックボディフィットという選手が着用するものとサポーターフィットという実際のシャツのカーボンコピーであるレプリカシャツの購入が可能です。

    マクロン社のCEO、ギアンルカ・パバネーヨは、次のように述べています。「我々が初めてユニフォームをデザインした国際ラグビーチームがスコットランドであったため、今年のラグビーワールドカップでスコットランドを代表するシャツを作る機会を与えられたことをとても誇りに思っています。

    「最近の長期契約延長で示されるように、我々はスコットランドラグビー協会と非常に強い関係を築いています。このデザインは、我々の主要なパフォーアンス生地と合わせ、お互いの要素を全部まとめて組み込むため、パートナーと協力して開発しました。

    スコットランドラグビーの最高執行責任者であるドミニク・マッケイは、次のように述べています。「2019年ラグビーワールドカップで着用されるスコットランドのユニフォームを進展させたマクロン社の素晴らしい成果に感謝します。

    我々は伝統的なスコットランドのデザインを残しましたが、長崎や大会開催国の日本との関係を反映した新しい要素も取り入れたかったのです。

    私はこの新しいユニフォームが本当に素晴らしいと思いますし、スコットランドの選手やファンの皆様が今後数カ月に渡って誇りを持ち、国花であるアザミが刺繍されているこのユニフォームを喜んで着るのではないかと思います。」

    両種のユニフォームは7月19日金曜日から "shop.scottishrugby.org" で排他的に予約注文することができ、7月26日金曜日からはマレーフィールド・スタジアムのスコットランドラグビー店で小売販売が始まります。7月27日からは、世界中にあるスコットランドの公式ラグビー小売店で、両類のユニフォームを購入することが可能になります。

    スコットランドのチームは7月26日の午後にマレーフィールド・スタジアムのバックピッチでオープントレーニングセッションを小売の開始と同時に開催します。

Spread the word

Newsletter signup

Sign-up for our newsletter today to receive the latest updates, content and releases from Scottish Rugby.

sign up

Principal Partners

BT
Macron